8歳児とボストンテリアの息子たち。 ほのぼの生活。


by momo-ani

画像一覧

ブログパーツ

CHECK!

◆◆ Pick Up ◆◆
狭いところハマる集
犬の引っ張り癖の直し方
素人繁殖の是非について
処分される命:仔犬 / 成犬
ロイター発 処分実態動画
犬と赤ちゃんの共存
迷い犬になったらすぐやること


エキサイト以外のリンク
ボステリのらくちゃん
ボステリのプティくん
ボステリのジョニー&ウィリーくん
ボステリの太陽くん
ボステリのはなちゃん&まるくん
ボステリのフーバーくん
ボステリのムータンくん
ボステリのコナンくん
ボステリのゼッタくん
ボステリの悠くん
ボステリのrollyくん
ボステリのニッキーくん
ボステリの小次郎&まめちゃん
ボステリのベッカム&アンリくん
ボステリのモモ&ビビちゃん
ボステリのむぎ&ずんちゃん
ボステリのハッチくん
ボステリのイギーちゃん
ボステリのパンダちゃん
ボステリのあんず&くるみちゃん
ボステリのチョコちゃん
ボステリの太郎くん
ボステリのタラくん
ボステリのペコちゃん
ボステリのデノさん
ボステリの小黒くん
ボステリのロビンちゃん
ボステリのボーズくん
ボステリのピン子ちゃん
ボステリの福ちゃん
ボステリのうめちゃん
ボステリのパンチくん
ボステリのアンコちゃん

フレンチブルの権六くん
フレンチブルのブレンディちゃん


その他お気に入りブログ
一太郎日記
ご存知☆はっちゃん日記
愛しのサザビー



[前へ] [次へ] [ランダム]
[次の5サイト] [サイトリスト]
[参加する]

Dog@Room  by じんべ
翌日に着くドッグフード
トイレシートまとめ買い

お気に入りブログ

以前の記事

2014年 07月
2013年 09月
2013年 02月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

最新のコメント

ももあにさん、近況ありが..
by シンタロウまま at 22:37
久しぶりに泣きました。 ..
by tokiwa-kaen at 15:35
イヤ、イヤ、無理せず泣き..
by jojo-momiji at 10:16
いつまでも かわらず 愛..
by ロイ at 02:35
ジンベイ君のいろんな表情..
by カイカイ at 07:14

最新のトラックバック

ボステリの輪
from ボステリ☆Ramiro | ..
さよならジンベイ君
from ボステリ☆ランディ一家四方山日記
8/22 市民タイムスに..
from ボストンテリアだらけ
バンペイユ
from ボステリ☆Ramiro
父と息子を訪ねて三千里
from ボステリ☆Ramiro

検索

ファン

記事ランキング

見つかったそうです!..
【緊急】「ジンベイ」..
ジンベイ、ごめんね。..
ありがとう。
素人が繁殖することに..
供養は笑顔で。
近況のご報告。
飼い犬が「迷い犬」に..
願掛け。
10 ボストンテリアとフレ..

ブログジャンル

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite

見つかったそうです!→【さがしています】松本市近隣在住のみなさまへ

愛犬が迷子になられた方からのお知らせです。

犬種はボクサー、茶色の中型犬(17kg)、イリスちゃんです。
(生後7か月)

https://twitter.com/PatisserieICHiE/status/488487746801922048?utm_source=fb&utm_medium=fb&utm_campaign=PatisserieICHiE&utm_content=488487746801922048

みかけられた方は、どうかご連絡を。

一刻も早く飼い主さんのもとに戻れることを願っております。

無事に見つかって、飼い主さんのもとに戻れたそうです!
よかった~!!


https://twitter.com/PatisserieICHiE/status/489007029378248705?utm_source=fb&utm_medium=fb&utm_campaign=PatisserieICHiE&utm_content=489007029378248705
# by momo-ani | 2014-07-14 18:32 | Trackback | Comments(0)

ありがとう。

1年経っても、あのときのことが色褪せず。

お盆に帰省し、ジンベイの墓参りをしたとき、実家に近づいた車中で。

「この季節にこのあたりクルマで走ってると、胸がキュッてなるね」

ももつまも、fugaも。


それでも、歩いていかなくちゃ、だね。

作ってはみたものの、公開しようかどうしようか迷っていた動画、
思い切ってUPします。



涙流さずに見れる日も、いつか来るよ、きっと。


親愛なるボステリファンの皆様、そしてコメントいただいた皆様、
ありがとうございました。



私たちはみな元気です。ご心配おかけしてすみません・・・。

やっぱりもう少し時間を下さい。ごめんなさい。

# by momo-ani | 2013-09-09 23:48 | Trackback | Comments(15)

近況のご報告。

あの出来事から、まもなく半年が過ぎようとしています。


その後も、たくさんの方から温かいメッセージをいただきました。

ご自身の愛犬を亡くされた経験をお持ちの方からも、非公開のコメントをいくつも寄せていただきました。
共感と痛みを分かち合えるようなお言葉に、癒し励まされました。

本来ならすぐに個別に返礼申し上げるべきところですが、このような形で不躾ながら感謝の気持ちを申し上げること、ご容赦ください。

みなさん、本当にありがとうございます。


近況ですが、私たち一家、人間のほうは、普段の生活では落ち着きを取り戻しつつあります。

オビィ・カブトは前ほどアクティブではありませんが、元気にやっています。
オビィが年を取るごとに気難しくなってきてるかも。
カブトは行動がだんだんジンベイに似てきています。

新しい家族として、フクロモモンガの「オーロラ」ちゃんが加わりました。
夜行性なので、ももつまが夜中の遊び相手で大変そうですが、いっしょに楽しくやってます。

街中でふと耳にした曲で、スイッチ入って涙ポロリすることもあります。



でも、みな前を向いて進んでいくことが一番の供養になると信じ、日々を歩んでいきます。

今でも、当ブログに毎日数多くの方が訪れて下さっています。
感謝の気持ちに代えて、近況のご報告でした。

いつかまた、オビィやカブトの写真をまじえて投稿できる日がくると思います。

もう少しだけ時間を下さいね。

# by momo-ani | 2013-02-13 12:07 | Trackback | Comments(17)

飼い犬が「迷い犬」になってしまったら、すぐにやること。

ジンベイの件では、数多くのみなさんから貴重なアドバイスをいただきました。
今回の経験が、いつか誰かのお役に立てればと思い、以下にまとめておきたいと思います。

▼飼っている犬が迷い犬になってしまったら、すぐにやること

0.まずは家族や友人など、捜索にすぐに協力してもらえる人を集める

私は仕事中に連絡を受け、すぐに自宅に戻りましたが、ブログやツイッター、Facebookでのお願いはだいぶ後になりました。
少人数でやみくもに探しても、幸運に恵まれない限り、どんどん遠くに行ってしまって捜索範囲が拡がる恐れがあります。次の「ポスター貼り」の際にも、動ける人数は多ければ多いほどよいので、躊躇せずにまずは近場ですぐご協力いただけそうな人を集めたほうがよいです。

1.ポスターを作る

私たちは失踪に気づいてから、家族全員で、大声で呼びながら近隣を探しました。
しかし、そのときにはすでに1km以上離れた場所に行ってしまっており、初動の数時間をロストしました。

迷い犬の捜索などを請け負う専門家の方からのアドバイスとして、「ポスターを作ってすぐに貼り、目撃情報を集めなさい」との助言をいただき、夜になってから作りはじめました。
結果として、近隣に貼ったポスターからの目撃情報が後日多数寄せられました。

全員で外に探しにいくよりも、最低一人はポスター作り&各所への問い合わせ・連絡をやったほうが良かったと思います。

- ポスターの内容 -
▼サンプル

・タイトルは「探しています」と大きく
・犬種と名前を入れる
・失踪時となるべく似ている写真を探し、ポスターの3分の1以上のサイズで入れる(貼ったときに目に留まりやすい)
・失踪した日時と場所を入れる
・手がかりを箇条書きで簡潔に入れる
・最後(最新)の目撃場所が分かったら、そのことを赤字で入れて、目撃場所の周辺に貼る
・ポスター作成日をどこかに入れておくと目安になる
・印刷したポスターに連番を手書きしておくと、後で回収しやすい


捜索ご協力のお願いしているとき、「噛んだりしない?」と聞かれることがありました。
ジンベイは全く心配ありませんでしたが、噛みグセがなければそのことを書いたほうが保護のチャンスの際に安心してもらえるかと思います。
※ただし、犬がパニック状態だと、通常では取らない行動をとる場合もあります。
保健所の指導としては、「見つけても保護しようとせず、保健所に連絡を」と案内しているそうです。

▼ポスターの作成&印刷
・私は、扱いの慣れているMicrosoft Wordで作成し、PDFで保存しました。
急ぎの場合は手書きでも良いと思います。ただし、写真はカラーをおすすめします。

・作ったファイルは、自宅のプリンタ等で印刷してもよいですが、コンビニの「デジタルプリントサービス」なら、速くてキレイで大量に印刷できますし、多少の雨にも印字が滲まずに耐えるので、おすすめです。
「デジタルプリントサービス」を使う場合には、ポスターをPDFもしくは画像として保存したファイルが必要です。PDFか画像をUSBメモリやデジカメのSDカードなどにコピーして、コンビニに持っていきます。
※PDFや画像への保存方法が分からない場合、コンビニでカラーコピーできるよう、紙に1枚印刷してコンビニへ持参します。

・コンビニで「デジタルプリントサービスを使いたい」と店員さんに伝えます。
私はセブンイレブンでした。コンビニによって仕様が異なる場合があるのでご注意ください。
以下、セブンイレブンの例です。

・コピーやFAXなどができるデジタル複合機に「デジタルプリントサービス」のメニューがあります。操作画面でかなり詳しく図解入りで解説がでるので、画面の指示に従って操作します。
・カラー1枚50円でした。モノクロだと安いですが、カラーで写真入りのほうが圧倒的に目に留まりやすいです。セブンイレブンは印刷前の先払いでした。お金は余裕をみて用意しておいたほうがよいと思います。
・ポスターを貼る両面テープも売り場で探し、買えるだけ買っておきます。そちらをレジに持って行った際に、迷い犬のことを説明し、店頭へのポスター貼りかチラシ配布のご協力をお願いします。(できれば店長かオーナーを呼んでいただき、直接お願いする)

コンビニでプリントサービスやコピーを使うと、自然な流れで捜索ご協力のお願いもしやすいです。

2-1.近隣のお店にポスター設置協力のお願いをする

動ける人たちで手分けして、ポスター掲示やチラシ配布のお願いをしてまわります。
個人商店は店主にお願いすると、快くご協力いただけました。
ガソリンスタンドやコンビニは、店長やオーナーにお願いすると快くご協力いただけることが多いです。
一方、大手スーパーやチェーンなどは、本部で一律NGとしているから、という理由でお断りされてしまうことが多かったです。その場合でも、従業員控え室などへの掲示をお願いすると受けていただけました。

2-2.ポスターを近隣の電柱に貼りまくる

動ける人たちで手分けして、とにかくポスターの掲出場所を増やします。
私たちは「電柱に貼るには誰の許可をもらえばいいんだろう」といって調べたりしていましたが、これもクレームや指摘を受けたら剥がしにいけばよく、遠慮せずにどんどん貼ればよかったと思います。
結果として、電柱のポスターをみて重要な目撃情報を寄せて下さった方が数名いらっしゃいました。

- 参考 -
迷い犬は、パニックになると標高の低い方に進む傾向があるそうです。
実家は丘陵地の中腹にありますが、このアドバイスをいただくまで、私たちは実家の上の林のほうも捜索していました。
しかし、その後の目撃情報からみて、直線距離で3kmほど下った駅前商店街まで、約1時間で達しています。ジンベイは、坂を闇雲にどんどん下っていったのだと思います。

ここまでをいかに短時間で実施(できれば2時間以内にポスター貼り開始)できるかで、このあとの探しやすさが格段に変わると思います。

3.保健所、市役所に連絡する

迷い犬の届け出先を調べ、電話します。
「届け出しなきゃ」というのは真っ先に頭に思い浮かぶのですが、実は捜索には即効性がありません。
なぜなら、保健所などに連絡が入るのは保護された場合であって、目撃情報が保健所に寄せられることはほとんどないからです。
よって、とにかく情報収集のためのポスター作成を最優先し、ポスターが完成して貼る作業が始められた後での確認・届け出でもかまいません。
保護されていれば一刻を争う状況ではなくなりますし、そもそも、それほどすぐに情報は入らないと思っておいたほうがよいでしょう。

4.所轄の警察署に届け出る

「警察に届ける」というと勘違いしやすいですが、「捜索」はしてくれません。
迷い犬は法律上、「遺失物」扱いのため、サイフをなくした等と同じ扱いの届け出となります。
誰かがみつけて届け出があった場合に備え、「遺失物届」を出します。
電話で聞かれた項目に回答するだけで届け出できます。
※余談ですが、迷い犬の「時価」をきかれます。
これは、拾得物として届けてくれた人が謝礼を望む場合に備えてとのことです。
サイフ拾ってもらったときと同じです。腹を立てずに回答しましょう。

なお、警察署に届けた後は、交番にもポスター持っていくほうがよいです。
(順番が逆だと、その場で「遺失物届」を出すように言われると思います)
これは、警ら巡回の際、お巡りさんの気に留めていただくためです。

※保護しても届け出すると保健所で殺されてしまうと思って届け出しない方もいらっしゃるそうです。そういうとき、お巡りさんが巡回の最中に、保護者が散歩させているのを見つけてくれることがあるとのことです。

5.目撃情報が寄せられたら

情報をお寄せいただいた方から、具体的に以下のことをお聞きします。
・目撃された日と時刻(なるべく正確に)
時間が経つと勘違いされている場合もあるため、その前後の天気(雨が降ってた、など)を補足で聞いておくと参考になります。

・目撃場所(なるべく詳しく)
○○付近、ではなく、道のどちらをどの方向に向かって歩いていった、というレベルで確認したほうが、次の捜索の手が打ちやすいです。

新しい情報をもとに、できればポスターに最新の目撃情報を反映し直して、目撃された場所の近隣に貼りにいきます。


以後、これらの活動の繰り返しです。

迷い犬捜索は、初動が肝心だと痛感しました。

愛犬を迷い犬にしてしまったときは・・・
どうか、愛犬を無事にわが手に迎え入れることを最優先に考えて下さい。
そのためには、愛犬の家族だけで解決しようとしないで下さい。

私たちは今回、犬を愛する本当にたくさんの方々のご厚意に支えられ、悲しい結末ではありましたがジンベイを家に連れ帰ってあげることができました。

今回の貴重な経験を記録に残すことで、いつか誰かの愛犬が不幸にも迷い犬になってしまったとき、早期発見の一助になれば、また、みなさんからのご厚意に対して少しでもご恩返しになれば幸いです。
 

# by momo-ani | 2012-09-09 18:49 | Trackback | Comments(10)

供養は笑顔で。

本日、ラミミロ家がジンベイに手を合わせにきて下さいました。

私たち家族に1日も早く平穏な日を、と気遣ってくれたタエコさん。
供養の御花を募って取りまとめて下さって、その御花がまず午前中に届きました。

溢れる向日葵!

ジンベイと八王子に戻ってきて、供える花を買いに取り急ぎ近くの花屋に出向いたときのこと。

店員さんから「プレゼントですか?」と聞かれ、半ば放心状態で「いえ、飼っていた犬のために・・・」とつぶやいて、手近にあったフラワーアレンジメント2つを手に取ったとき、ふと目にとまったのが、バラ売りのヒマワリでした。

じっと見つめていると、なんだかジンベイの笑顔みたいな気がして。

これ、加えることができますか?そうたずねると、店員さんは憔悴しきった私の様子を察してか、詮索せずにアレンジを替えてくれました。

家に戻って、ももつまに「ヒマワリ、足してもらったよ。ちょっと明るすぎたかな?」と伝えたところ、「私もジンベイといえばヒマワリ、って気がしてた!」といって、涙の笑顔。fugaも「ボクもそう思う~!ヒマワリ、きれいだね」と喜んでいました。

帰宅後最初のお線香をあげながら、これからはヒマワリをみるとジンベイを思い出すね、なんて話していました。

そして今日、まるで私たちがリクエストしたかのような、ヒマワリが溢れる御花、本当にビックリしました!

正直、今日は湿っぽくなるのを覚悟していたのですが、沢山のヒマワリが私たちやラミミロ家を、みんな笑顔に変えてくれました。

オビィやカブトも、御花の前で時折ジンベイを見上げていました。








御花を送って下さった皆様のご芳名帳もいただきました。

約200組ものお名前が記載されておりました。

なんと御礼を申し上げればよいか分かりません。
こんなにも沢山のみなさんにジンベイは愛されていた、という証として大事にしたいと思います。
また、遅ればせながら当ブログのコメント欄で励ましやお悔みをお寄せいただいた皆様にも、改めて厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

そして、さらに驚きの御供物が・・・。

特製の手ぬぐいです。

これは、素晴らし過ぎてとてもじゃないですが使うことができません。
私たちの宝として壁に掲示します。ありがとうございました!!

水浴びが大好きだったジンベイのために、プリザーブドフラワーのブルー。

これも素晴らしいです。ありがとうございました!

fugaがジンベイの絵を書いてくれました。

遺影と一緒に並べておこうね。

今日も激しい雷雨がありましたが、16時前くらいに日が差し込んできて、ジンベイを照らしてくれました。



# by momo-ani | 2012-09-03 02:16 | Trackback(1) | Comments(16)

近況のご報告。

いろいろとご心配をおかけしてすみません。

fugaは、今週8才の誕生日を迎えました。
予定していたキャンプはキャンプ場のご厚意により、1年までは予約を順延できるとのことで、後日リベンジ。
彼にとって初めての、身近な家族との別離を自分なりに受け入れることによって、少しだけオトナになったようで、頼もしいです。

ももつまは、ジンベイの写真をいっぱい印刷して、パネルを作っています。
でも選びきれないようです。なにしろ、累計で数千枚はありますから。

私は、仕事面で各方面にご迷惑をおかけしてしまっていたので、そのリカバリで大変。
でも、スタッフやお取引先には本当に恵まれていて、皆さん事情を察して配慮して下さるので、かえって申し訳ないくらいです。

オビィ、カブトは、私たちを日々癒してくれています。
生活が落ち着きを取り戻していくにつれて、いつもの様子になるでしょう。

そして、ジンベイ。
洗濯カゴの代わりに、今は骨壺におさまっています。
そこに入るのはもっと先にしてほしかったけど。
久しぶりにタビと肩を並べ、相変わらず気押されてるんじゃないかと心配しています。

皆さんからいただいたご厚情と励ましには、感謝の気持ちでいっぱいです。
いただいたコメントを何度も読み返して、ジンベイはこんなにたくさんの方に愛されていたんだな、と改めて感じています。

いつかきっとご恩返しができるよう、私たちも1日も早く前を向きたいと思います。
もう少しだけお時間をください。
 
 
# by momo-ani | 2012-08-30 01:43 | Trackback | Comments(14)

ジンベイ、ごめんね。ありがとう。

ツイッターはこちらをご覧下さい

松本地方は21時前あたりから激しい雷雨でした。
通夜をしながら、「ジンベイの涙雨かな」という話を家族でしています。

この度は数多くの皆さまのご厚意に対して、ご迷惑とご心配ばかりをおかけしながら、良い結果ではお応えできず、本当に申し訳ございませんでした。

このブログも書き始めてからまもなく8年、みなさんの後押しもあって、気づけばまもなく第3000回の投稿を迎えるところまできておりました。

最初は1日1ボステリ写真、と自らにルールを課して更新していましたが、コツコツ続けていると、幸いなことにたくさんの方にご愛読いただき、良いご縁にもたくさん恵まれました。

そして、「このブログをみてボストンテリアを飼い始めました」とか、「毎日楽しみにしています」といったコメントをお寄せいただくようになるにつけ、我が家の3ボスは、自分たちだけの家族ではないよね、といった会話をしたこともあります。

その中でもジンベイは、個性的な行動や性格で、たくさんの方に愛していただきました。
また、なかなか子供を授かることができなかった私たち夫婦にとっても、長男として迎え入れた最初の息子でした。

初めて会えたのがジンベイで、本当に私たちは幸せでした。

ジンベイから毎日もらったプチ幸せをブログで毎日お伝えして、それがボストンテリアとの出会いのきっかけになった方がいらっしゃることも、なんだか誇らしい気がして、ブログを毎日更新する励みとなっていました。

ジンベイ、ごめんね。

どんな人にもフレンドリーに接して、みんなに愛されるジンベイなら、きっと誰かに近寄っていって保護されてると信じていた。
だから、保護してくれた人をどうやって探そう、ということばかり考えていたよ。
いつものように雷でパニックになっても、雨が過ぎればいつものように落ち着いて、見知らぬ誰でも愛想よく付いていってしまうのでは、場合によっては保護されたまま県外にも?と心配してた。

昨日の夕方の情報で、独りで少なくとも一昼夜は彷徨っていたと分かったときには、本当に驚いた。
みつけてあげられなくて、本当にごめん。
不安な思いをさせて、本当にごめん。


今日、ジンベイを連れて帰ってきた後、一本の電話がありました。
実家近くのガソリンスタンドから、「今、寿台で配達車がジンベイくんとすれ違いました。間違いありません」という内容でした。
ジンベイがすでに見つかったこと、今私たちのそばにいること、ご説明しても腑に落ちない様子でした。
赤っぽい首輪、黒い体に白いおなか、白い顔、たしかにジンベイの様子と同じ。

気になって目撃された場所まで見に行きましたが、もちろんいませんでした。

ジンベイは、わたしたちに会いたかったのだと思います。
その想いが周りのみなさんを介して私たちをジンベイのもとに呼び寄せてくれたのだと思います。
家族を失ったことに対して、私たち家族は本当に悔やんでも悔やみきれないです。
ジンベイは最期は介護しながら看取るくらい長生きするだろうと勝手に思い込んでた。
私たちの不注意で、本当にごめん、ジンベイ。

そして、こんなブログでも楽しみに読んで下さっていたみなさんにも、悲しい思いをさせてしまったこと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

まだ気持ちの整理もつきませんが、みなさんのジンベイでもあったと思いますので、ブログをアップします。
そしてどうか、みなさんの愛犬には同じ思いをさせずにすみますよう。

水浴びが大好きだったジンベイを最期に洗ってあげられてよかった。
雨はやんだけど、きっとジンベイが降らせた雨だよね。

ジンベイ、私たち家族のもとに戻ってきてくれて、ありがとう。
明日みんなでいっしょに帰ろうね。

ジンベイ亡骸の傍らにて。
# by momo-ani | 2012-08-24 00:08 | Trackback(1) | Comments(93)
< 前のページ 次のページ >